Event Report
2013.03.24 (日)
スローフード勉強会vol.5 レポート
"食や農を学んで探る!スローフード勉強会"が3月24日に開かれました! 

「おいしい・きれい・ただしい」を方針に食品生産と消費の関係やよりよいライフスタイルを追求するスローフード協会と、産者と消費者をつなぐ農業実験レストラン・六本木農園が送る、コラボイベントです。

slow food 6nouen.jpg

生産者、食の専門家、地域活動や環境、教育等の隣接する分野に精通されている方や、六本木農園ゆかりの生産者さんをゲストスピーカーとして迎え、これからの持続的なライフスタイルや食について探っていきます。

今回は日本食には欠かせない『大豆』と『発酵』をテーマに開催しました。


外観o.jpg


ゲストとして、おふたりの女性にお越しいただき、大豆と発酵についてそれぞれの視点からお話いただきました。


okamoton.jpg
神奈川「豊国屋」 岡本さん

神奈川「豊国屋」の岡本さんは、本来は酒屋さん。一体大豆とどんな関係が?と思ってしまいますが、お酒に合う食品を追い求めているうちに大豆を使った発酵食品にいきついたといいます。
地元の貴重な「津久井在来大豆」を使用した商品開発や、大豆食品の種類・健康へのメリット・地域と大豆のつながりなどについてお話くださいました。


daimon.jpg大門醤油醸造 大門さん 

奈良の大門醤油醸造の女性醸造家・大門さんからは、醤油についてレクチャーしていただきました。
大門さんのお醤油は蔵付き酵母と杉桶で作りあげられます。そんな大門さんのお醤油と、一般的な醤油のブラインドでの味比べも行ないました。
zairyoun.jpg
醤油の材料も実際に触って、においをかいで...五感をフルに使ってのレクチャーでした。また、醤油の原型になっているという「古代醤(ひしお)」や柿だけを原料に使った柿酢などもご紹介いただきました。


様子o.jpg
おふたりのお話をうかがって、大豆やそれを使った発酵食品が私たちの生活に深く根ざしていることと共に、
食文化というものが各地域でそれぞれ受け継がれていくべき大切なものだということを感じました。
国内での自給率の低さや、遺伝子組み換えなど、改めて私たちの食生活に大きく関わる大豆についてあらためて考えてみたいものです。


勉強会の後は、大豆や発酵食品たっぷりの六本木農園オリジナルメニューで懇親会となりました。
メニューo.jpg

てんぺ.jpgとうふ_n.jpg
得にご好評いただいたのが「汲み上げ豆腐」!津久井在来大豆の豆乳とにがりを湯煎にかけ、その場でお豆腐を作り上げるという演出に参加者の方も大変喜んでくださった様子です。
懇親会も「食」の話題で非常に盛り上がりました。


スローフード勉強会は今後も開催予定です!
「食や農業についてもっと知識を深めたい!」
「生
産者さんや専門家の方とじっくりお話がしたい!」
という方、ぜひ次回へのご参加お待ちしております!!

スローフード勉強会担当:弥生
前のページに戻る
Archive
このページのTOPへ