Event Report
2014.09.21 (日)
スローフード勉強会vol.6 開催しました!
"食や農を学んで探る!スローフード勉強会"が9月21日に開かれました! 

「おいしい・きれい・ただしい」を方針に食品生産と消費の関係やよりよいライフスタイルを追求するスローフード協会と、産者と消費者をつなぐ農業実験レストラン・六本木農園のコラボイベントです。

slow food 6nouen.jpg

生産者、食の専門家、地域活動や環境、教育等の隣接する分野に精通されている方をゲストスピーカーとして迎え、これからの持続的なライフスタイルや食について探っていきます。

今回はニッポンの食に欠かせない「鰹節と塩」の魅力に迫りました!


01.jpg

お一人目のゲスト、西伊豆のカネサ鰹節商店5代目・芹沢安久さんからは、鰹節と、田子地区で古くから受け継がれているカツオの塩蔵品・潮鰹についてレクチャーしていただきました。
03.jpg
カネサ鰹節商店 芹沢さん 

基本となる鰹節の製法、伊豆での鰹節や潮鰹の作り方をお話いただいた後は、本枯れ節・荒節・潮鰹のお出汁の試飲も行いました。ひきたてのお出汁の香りにみなさんうっとり。
また、本枯れ節は削り機をお持ちいただき、その場で削っていただきました。お客様からは「昔はうちでも削っていました、懐かしい!」という声も。削りたての鰹節はそのまま食べても絶品。これを機に自宅でも鰹節を削ってみようと思われた方も多くいたのではないでしょうか。
お出汁の大切さを再認識する場となりました。
05.jpg
3種のお出汁と削りたての鰹節



お二人目のゲスト、日本ソルトコーディネーター協会代表理事・青山志穂さんからは、毎日の生活に欠く事のできない塩について教えていただきました。
02.jpgソルトコーディネーター 青山さん 


基本である塩の種類や製法、選ぶときの基準など塩の知識と魅力をレクチャーしてくださいました。
女性ならではの、料理や美容のお話も交えながらのお話にみなさん興味津々。3種の塩の味比べも行いました。青山さんがお持ち下さった100種類の塩には「こんなに種類があったの?!」と驚きの声があがりました。
毎日使う塩ですが、知らずにいたことが多く、改めて日頃使う塩や使い方を見直してみようと思った方も多かったのではないでしょうか。身近な食材だからこそ、正しい知識を身につけて健康や美容に活かしたいですね。
06.jpg
100種類の塩と、味比べの様子



レクチャーの後は、塩・鰹節・潮鰹を使った、この日だけのスペシャルメニューをいただきました!お客様からだけでなく、ゲストの方も「こんな使い方は初めてです!」とお料理に喜んでくださいました。
ゲストのおふたりを囲んで、賑やかなお食事タイムとなりました。
08.jpg

スローフード勉強会は今後も開催予定です!
「食や農業についてもっと知識を深めたい!」
「生
産者さんや専門家の方とじっくりお話がしたい!」
という方、ぜひ次回へのご参加お待ちしております!!

スローフード勉強会担当:弥生
前のページに戻る
Archive
このページのTOPへ