EVENT
【満員御礼!】スローフード勉強会vol.5 大豆・発酵食品の豊かさ再発見!
2013年03月24日(日)
【満員御礼!】スローフード勉強会vol.5
大豆・発酵食品の豊かさ再発見!

おかげさまで定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございます。
以降はキャンセル待ちとなります、どうぞご了承ください。



web_sf01.jpg

生産と消費のよりよい関係やライフスタイルを追求するスローフード協会と、生産者と消費者をつなぐ農業実験レストラン・六本木農園がおくる、コラボイベントです!


今回は、醤油、豆腐、味噌、納豆などなど、私たち日本人の食生活に欠かせない「大豆」とのつながりをあらためて考えます。


「日本の食文化を世界遺産に!」という動きがあります。発酵食品をはじめとした健康的で海外からも注目される和食の知恵は、間違いなく世界に誇るべきものです。


中でも大豆からできる食品は和食の中心。しかし日本の大豆自給率はわずか5%という現実があります。輸入のうち67%はアメリカからですが、そのアメリカで栽培されている全大豆の94%は遺伝子組換え大豆です(2011年、USDA統計)。


今回は大豆を原料とする発酵食品の製造に携わる女性お二人を招き、日本食と大豆との関わりの深さを、味わいながら学びます


 【ゲスト】 

w_ookado.jpg

大門真生氏(大門醤油醸造・4代目後継者)

 http://www.daimonshouyu.com

奈良県・桜井市の醤油醸造業4代目。人と心のつながりを思い、生きた酵母を大切にする発酵食品やその使い方からのアプローチで活動中。女性醸造家がつくる蔵つき酵母の醤油は、農薬を使わない大豆・小麦・天日塩だけを使用。大和盆地の二夏二冬を杉桶で2年熟成させたすっきりした深い味が醸し出されます。



w_okamoto.jpg

岡本加代子氏(津久井在来大豆の「豊国屋」取締役)

http://toyokuniya.com/

神奈川県相模原市にある1882年創業の酒屋、豊国屋の長女として生まれる。家業を継ぎ、ご主人と二人三脚で酒に合う食品を集めているうちに発酵食品に目覚める。現在は、地元の大豆「津久井在来」を使ったさまざまなオリジナル食品の開発に従事しています。




■日時 2013年3月24日(日) 16:30会場/17:00〜21:00

■内容

【見る・聞く】

なぜ、日本の大豆の自給率は低い?/津久井在来大豆とは?

豊国屋の大豆製品づくり/醤油ができるまで

大門醤油の伝統製法へのこだわり/醤油や味噌の美味しい保存法

【味わう】

醤油の香り・味比べ/津久井在来大豆のテンペ・納豆を試食

六本木農園プロデュース 大豆スペシャルメニューのお料理で懇親会(立食)


■場所 六本木農園 

■募集人数 28名様(先着順)

■参加費  一般の方4,950円 / スローフード会員の方4,500

      (フード&1ドリンク付)

■申込み  ws@roppongi-nouen.jp

上記メールアドレスまで氏名/参加人数/メールアドレス/お電話番号をご記入の上、お申込みください。

 ※件名は「スローフード勉強会申し込み」とご記入ください。

     

この機会にぜひご参加ください!皆様のご来園をお待ちしております。

(担当:弥生)



前のページに戻る
農家Live Special!!
Archive
検索
このページのTOPへ